teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「この国のどこかで」1

 投稿者:たけどん  投稿日:2009年 1月27日(火)21時26分2秒
返信・引用
  ま、何ですな。

無事、バラク・フセイン・オバマ氏が大統領に就任しまして一週間が経ちましたな。
んっ?「何もなかったな」って? ふん!
おいらはジーン・ディクスン(ケネディの暗殺を予言したとかいう予言者)
じゃないので、いいのだ。(負け惜しみっぽく聞こえるのはなぜだ)

ちなみに「予言」を当てる秘訣をお教えしよう。それは
「いっぱい予言する」ことだ。なぜなら、当たらない予言は
忘れられてしまうものだからだ。予言者(とやら)は、当たったモノだけ
を派手に宣伝すればよい。大衆というものは、当たった予言にしか興味を持たないからだ。
そして、大予言者が誕生するわけだ。これを「ディクスン効果」と呼ぶ。

だが、今年が大激動の「始まり」になることは間違いないと思う。
アメリカもイラクから撤退して平穏に内政に取り組む方向いは行かないだろう。
しかし、アメリカは四年に一回の「大統領選挙」という<維新>によって、
「国が生まれ変わる」ことができる、と思っているのだ。
<悪かったものやことをすべて過去に置き去りにして、強い、新たな
アメリカの再生ができる>と、思いこんでいるのだろう。(おめでてーな)
ま、これはこれで一つの国の運営のやり方だと思う。

現在の日本のように、誰が総理をやっても、どの党が政権を執っても
「そんなに変わんねーよな」と国民が諦めきっているよりは、マシかもね。
でも、新政権が期待を裏切った時の国民の失望、反動は・・・
推して知るべしだよね。「良く効く薬は副作用もまた激烈」なのだ。
と思ったが、ようきなめりけん人たちは、「また四年後に新しく仕切り直せばOK!」
とか思っていそうで、呆れるやらウラヤマシイやらだ。
(そんなこったから、サブプライムローン問題が起きたのさ)


それより何より大事なのは「めし」だ。人間はめしで動くからだ。
めしとは何だ?それは「文化」だと言えよう。

その他にも「日本食」は長い年月にわたって実証された安心感がある。
言い方は悪いが、めりけんの食いもんや「遺伝子組み換え」作物なんて
まだまだ人体に対する実証実験が足りないといえよう。数十年後、
数世代あとになって「こうなりました~」では、困るのだよ。
もっとも、「日本食」とはいえ原材料に「中国産野菜がもりだくさん」では、
保証の限りではなくなるけどね。


昨年末、「この国のどこかで」という、とある雑誌の中で連載されていた記事を読んだ。
「第九回 東京 西麻布の裏道で」という回であった。

副題は、「時代に流されず頑なに「本物」を供してきたあるイタリア料理店の閉店」。
この30年間続いてきたイタリアンレストラン「カピトリーノ」は昨年の12月29日
閉店した(らしい。おいらが読んだのは12月の28日頃)。
オーナーの吉川氏は日本人として初めてイタリアの国立職業訓練校「エナルク」に
入った人ということだった。エナルクに入学することが難しいのではない。
そんな日本人など一人もいなかったのだ。

それは、当時の日本は「イタリア料理」など誰も知らなかった時代。
フランス料理は聞いたことがあっても、イタリア料理といえば「ピザ」か
「ナポリタン」の他には何も思い浮かべられない時代、
カピトリーノは、前菜からメインまでフルコースで食べてもらうことを基本としていた。

「案の定」、店には「ピザ一枚」、「スパゲッティ一皿」という注文をする客が
後を絶たなかった。オーナーシェフの吉川氏は、そういった客を断り続ける。
「タバスコくれ」、「ありません」。
「粉チーズをくれ」、「イタリアではボンゴレにチーズはかけません」。
「砂糖をくれ」、「エスプレッソに入れるのはグラニュー糖だけです」。
「客の言うことが聞けないのか?」・・・。
吉川氏は、そういう客を拒み続ける。それは、イタリア料理を
教えてくれた数え切れないほどのイタリア人の仲間たちが、彼の中にいたからだ。

・・・「彼らが日本に来たら、きっとこうしてイタリア料理を伝えたはずだ」

やがて店はレストランのガイドブックに「本場の味」として紹介されるようになり、
吉川氏は、イタリア料理の本を出すようになる。店を訪れる若い料理人たちの質問
にも丁寧に答え、やがて日本はバブルの時代を迎え港区には次々とレストランが開店し、
イタリアで修行した若い料理人達が帰国し、イタリアンレストランの料理長に就く
ようになっていった。

だが若い料理人達の修行してきた当のイタリアでは「イタリア料理」そのものが
変わりはじめていた。いわゆる「新イタリア料理」というジャンルが
台頭し始めていたからだ。
シンプルなソテーや煮込みのようなストレートな料理、吉川氏が学んできた
イタリアの郷土料理ではない、「料理法もプレゼンテーションも斬新な皿」を
出し、日本のイタリア料理人達もそれに刺激を受け、日本料理の素材の使い方や
調理法からも「新しいイタリア料理の方向性」を探し求めるようになっていったのだ。

(と、いいところで、つづく)

あ、ビケ♪さん。お体の具合はいかかですか。治りかけこそお大事に。
暖かくなったら、牛乳を飲んで、運動をして体を鍛えましょ。
 
    (ビケ♪こと管理人) あ、本当にいいところで、つづきますね!
30年という月日は、重たいものだと思います。
去年の秋に、30周年を迎えたフランス料理店で、
記念コンサートをさせて頂きましたが、
それほど大きくないお店で、時代が移ろう中、
誠実に、ご自分の味にこだわりを持ち続けていくことが、
どれだけ大切なことだろうか、と考えさせられました。

お見舞いありがとうございます!捻挫も治り、
もうすっかり元気です!
足腰は、毎日柔術のトレーニングで鍛えているつもりですが、
まだ足りないのかもしれませんね。頑張りまーす。
 
 

正月休みは短いな

 投稿者:たけどん  投稿日:2009年 1月 7日(水)22時50分12秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。

ビケ♪さん並びに皆様、
本年もよろしくお願いいたします。


というわけで~、「あっ・・・」という間に正月休終わり。
なーんで、こんなに短いのか? と、毎年毎年思いますな。
それはさておき、まず訂正から。
前回のカキコでの、パウエル元国務長官の言葉。

「アメリカを未曾有のクライシスが襲う」のは、2月21日か22日、ではなく
「1月」の21日か22日」すなわち、大統領就任式の翌日すぐってことでした。(すぐそこ)

まぁ、予言ってワケでもないし、現閣僚でもないパウエルが
どの程度の確度の情報を持っていたかも定かではないので、
なーんもナイかもしれませんけどね。

モチやお菓子食べながらTV観てたりして、いろいろ考えたりして
書きたいことも色々あるんですけど、追々やっていきましょう。
BSJでやってる「ワールド・ビジネス・サテライト」(日経新聞の提供?)って
番組を見てましたら、「えげれすの経済界だかなんだかのエリート女性」だかが
「今年の日本経済」についてインタビューに答えておりましたが、
イイキなもんですな。
「日本の経済は強くない。円高基調はそう長くは続かない。
 内需の拡大が重要なカギになるだろう。etc・・・」 ふーん。
言われるまでもないことですな。

おいらもながらTVだったので、詳しくは聴いてなかったが、
今ごろ「えげれす人」に経済聞いてどうすんの?
欧州なんてユーロ、ぼろぼろでしょ?とくに英国なんぞ経済好調どころか
どん底でしょうが?
これから去年の決済が明るみに出て、欧州中で銀行バタバタ倒産するんでしょ?
日本の心配なんぞしてる場合か?しっかりすんのはアンタんとこでしょうが。
日経もなんでこの人に「日本の経済」の予想を聞いてんの?ワケわかんねー。
中でも、新興国家として躍進著しかった、東欧とか、とくにヤバイ。

日経といえば、去年の頭での対中国の経済予想はオオハズレでしたな。
経済成長は10%? 内需は好調? どこがだよ?
もう成長率は8パー切ってるよ。中国は成長率8%切ると、死活問題なんだよ。
外資や工場は逃げ出してるしね。日経他の日本の新聞は中国に都合の悪いことは
ホント書かないからね。おかげで割り喰うのは進出した日本企業ですよ。
もう撤退もままならず、労働争議にまきこまれてひどい目に遭うのは目に見えてる。
あれだけ中国に奉仕した「コカ・コーラ」は、今
バッシングの標的になってますよ。他は推して知るべしだ。

もう証券会社も中国株は扱ってないでしょ?(確証ないけど)
中国のマンションの分譲とかも去年の夏で、ヒッソリやめたよね。
商社が、今年は新規の採用(中国で)やってないよね。
同じことが前にもあった。それは・・・
「天安門事件」の前、がそうだったの!

商社は「これは何かある」って、感づいてるのさ。
だから新規採用がナシなのさ。(商社の情報収集力はハンパない。外務省なぞ問題外)
日経新聞、書かないよね? 結果的にウソ書いてるて言われても
仕方ないよね。でも、反省しないよね~新聞社って。
日経新聞を読まないと経済は分からない・・・?
朝日新聞は日本を代表するクオリティペーパー???(これオマケ)
あーそーですか。


今年の中国の春節(2月:旧正月)は、何かあるかもよ。
毎年、中国各地の農村部から出てきた民工たちは、旧正月になると、
お土産やお金を持って故郷に帰ってたんですよ。
そしてそれによって、地方経済が回ってた部分が大きいの。
ところが外資、工場の撤退でそれどころじゃない。これじゃ帰るに帰れない。
帰っても地方経済に利するところが、ナイ。
今年、「第二次天安門事件」が起こる、かも・・・知れないぞ。

あ、また生半可な経済の話題になっちまったい。
半可通な知識はケガの元だよね。
でも、おいらは株売買とかやってないから。その点は安心だ。

あんなの「パチンコ・マージャン」とおんなじ賭け事に過ぎない。
「ディトレーディング」なんて言うと経済分かってる風で
カッコイイ感じがするかもしれないが、要は「バクチ」なのだ。
バクチは嵌ったらのめり込む「麻薬」のような力(魅力か?)があるので危険だ。
「投資」と「投機」はまったくの別物なのだ。
おいらも少し株はもってるけど、まったく売る気はない。(値動きしねー会社だし)

気に入った会社を育てたい、この企業に魅力を感じると考えて資金を出すのが「投資」。
株価が上がったら売って、下がったら買う。
会社の成長も、その会社がどのような業種なのかも興味がない。
ただ儲けが出ればイイ。それが「投機(バクチ)」だ。
パチンコと比べても、ちっとも高尚なものではないのだ。(タダのバクチ好きなの)

投機といえば、パンとかカップめんの値段、下がりませんね~。
石油はみるみる下がって、おいらの地方でも「100円」切ってますけど。
パンとかカップめんとかって、「小麦」(穀物)の高騰だったんでしょ?
要はは先物取引のバブル。興味がないから今日びの値動きなんて知らんけど。
まだ下がらないのかな? そうか~?
一旦上げたものは下げたくないという業界の・・・どの業界?
食品メーカーがそうしてるってよりは、「小麦粉」とかの輸入業者かなって
気がするけど、確証はない。(確認する気もない)

「石油は関心が高かったけど、むぎ粉は関心が低いだろ。そのままイケ」みたいな・・
違うか?


まーた。あんまり関心を持たれないような事で、字数を消費しましたな。
ま、たけどんの言うことなので、あんまり信じ込まないように、
御服用の際には、ご注意ください。

とまあ、こんな風で今年も行きますので
ひとつ、よろしくお願いいたします、ね。ヾ(o・ω・o)ゞ
 
    (ビケ♪こと管理人) 今年もよろしくお願いいたします!
さて、アメリカ大統領就任式が終わりました。
何が起こるんでしょうかね~・・・

派遣切り。経営が立ち行かなくなる企業続出。
悪化する治安。
日本のこの状態、かなり憂慮するべき事態ではないでしょうか。

オバマ新大統領の演説を聞いて、神妙な顔をしていたという
アメリカ国民は、ある意味、真面目に自分たちの選んだ大統領と
ともに、国のことを考えている人たちだと思いました。
政治家たちを、自分たちが選んだという実感があるかないかが、
アメリカと日本の大きな違いのような気がします。
どうしてなんだろう?
 

暮れの元気な御挨拶?

 投稿者:たけどん  投稿日:2008年12月28日(日)21時56分59秒
返信・引用
  ほう。やっと一息つきましたわ。
皆さんは今年一年、どんな年だったでしょうかね。
おいら的には、今年はケッコウ「期限付き」、「期限なし」に
関わらず、クリアしなければならない問題が多かったけど
片付けたよ、よかったよ~、な年でしたな。はぁ。

年内の仕事を終えた方も、年をまたぐ懸案があるひとも、
とりあえず区切りをつけることには意味がある、と思いますね。
例えそれが、人工的な区切りであっても、
その文化的な起源について自分自身、よく分からなかったとしても。

新年明けてみれば、仕事も問題も去年と新年の区別なんぞ
まあ、あんまり関係ないってのが、現実なんですけどね。



年も押し迫ってから急激に「深刻な景気の後退、雇用不安」などが
TVでも新聞でも盛んに報道されるようになりましたが、今更ですな。
言いたいことは、「全部政府(自民党政権)のせいだ。さっさと解散選挙しろ、
民主党に政権渡せ」としか聞えませんな。ミエミエ。

さて、来る年はいかなる年になるのでしょうか。
良いことがたくさんあるといいですね。
でも~・・・。
経済的には「テーヘンな年」になるのは、確実ですな。
ま、おいらがネットや書籍で拾った情報などをひとくさり。
信じる信じない、当たる当たらないは管轄外、ですわ。


イスラエルがガザ地区の爆撃を始めましたが、実は6月ごろに
イスラエルはブッシュ政権に対して、「イラン爆撃してもいい?」という
打診を行っていたのですな。
米はそれに対して「YESとは言えない」と。
つまり黙認ならするよ、ってなもんでしょうな。
しかしイラク、シリアなど隣国の爆撃なら成功させた実績はあるが、
イランとなるとちょと遠い。米のサポートなしに成功はできないだろ、と
思ってましたね。

やるんだとしたら、オバマが大統領に就任する前の1月20日前までだろうと。
もし攻撃されたとなると、イランは支援する米機動艦隊の侵入を阻止するために、
ペルシャ湾を封鎖。あるいは第7艦隊(日本が母港)の動きを封ずるために
日本におけるテロの可能性も、ないではナイ。
ペルシャ湾封鎖により石油の輸入がストップ。
せっかく下がったのにまた原油高~。(ああ)
ちょっと、なさそうですかね。


でも確実なのは、1月中に起こる、今度は「ヨーロッパ発の金融危機」。
米のサブプライムローン問題が、実は米よりも「証券化商品」の保有が多い
ヨーロッパにおいてなぜ、あまり被害をもたらさなかったのか、というと。
米や日本のような四半期決済ではなく、欧州では6月、12月決済なので、
9月リーマン・ショックなどの被害実態が分かるのは12月。
それが世界的に表面化するのが1月なのだ。
悪魔は遅れてやってくる、のだ。(きっと世界激震!)

そしてアメリカ。
ポールソン財務長官が「金融安定化法」を通したのだが、
救済対象をむやみやたらに広げまくってやがる。財政赤字のくせに。
その財源はどこから来るのか? 決まってる「外国」だ。「国債発行」だ。
誰がそれを買うのか?

日本か中国。日本もG20の会議で「10兆円出すよん」と言ったもんだから
緊急国債でも発行する。(10兆円では済むまいが)
日本の国債は、利率は低いが安全だというので売れているのだ。
国債が売れる国は、世界で米と日本しかない。
しかも国民が自国の国債を買っている国など日本くらいなモンだ。
だが世界的恐慌が起これば、そうはいかない(かもしれない)。
麻生首相が言った「3年後に消費税の税率アップ」というメッセージは、
国内向けというよりは。
「日本は3年後に税制改革をして財政の健全化を図るので、日本の国債は安心です」という
国債を買ってくれる<諸外国に対してのアピール>だったのだ。


で、米国債まで買わされるのかよ。でもさらに問題が・・・。
日本も中国も、「外貨準備」を購入した米国債つまり、「ドル建て」で保有している。
韓国は違って、なんだかワケの分からないハイリスクな投資に
突っ込んでいたらしくて、ほぼデフォルト(債務不履行)状態。(国家破産状態)
28日(約一ヶ月債)という超短期でロールバック(借り換え)を行うという
自転車操業で凌いでいる。
「来年にはまたまたIMF管理下か?」という恥ずかしい状態。
「円高だから韓国に旅行に行こう」などという能天気なTVは何を考えているのか?
「(ハッキリ言えないが)少しででも韓国助けれ」ってか?

どうせ、その前に政府に「カネ出せ、アジアは助け合おう」とか
言い出すに決まってるけどね。
(チュンマイ・イニシアチブの「二国間スワップ」で出すことに決まってんだっけか)


・・・その、基軸通貨「ドル」が、どうかなるかもしれない、という話なのだ。

米経済がガタガタなのを、オバマ新政権はどうするつもりなのか?
ガイドナー、ニューヨーク連銀総裁を、財務長官に、
サマーズ、元財務長官を、国家経済会議(NEC)の委員長に、
ルービン、元財務長官を経済顧問の一人に起用した。

が、デリバティブ(金融派生商品)に規制がないことの危険性を
CFTC(商品先物取引委員会)委員長が議会で訴えたにもかかわらず、
時のFRB議長グリーンスパンと共に、規制導入をブッ潰したのが、
当時財務長官、副長官だった、ルービンとサマーズなのだ。
マーケットへのいかなる規制にも反対だった彼らは
議会に圧力をかけてCFTC委員長の口を封じ、規制導入の機会は失われ、
「ダーク・マーケット」と呼ばれたデリバティブ市場は際限なく増殖し、
金融市場を蝕んでいったのだ。
そんな彼らが、どのような経済政策を打ち出してくるのか期待、できるのか・・・?

こういう金融商品開発など金融工学の業績で、「ノーベル経済学賞」が授与されて
いたのだから、お笑いってか、悪い冗談だ。
自然科学以外の「ノーベル賞(平和賞、文学賞、経済学賞)」は
すこぶる政治的、なのだ。


で、問題は元国務長官のパウエルの言葉。

「来年の2月21日か22日に、アメリカを<未曾有のクライシス>が襲う・・・」
これは、一体何を意味するのか?

経済的な危機を挽回するために、戦争の準備に入るのか?(オバマ政権でか?)
金本位制の復活か?(これはナイ。世界恐慌の教訓を忘れたか)
それとも「ドルの切り下げ」宣言か?
それともNAFTA(カナダ、米、メキシコ)域内通貨の新設により
ドルを無効化するつもりか?(「アメロ」とか言うらしい)
「アメロ」やられたら、「ドル建て」の各国の外貨準備高は、どうなる?
激しく価値暴落、あんど円高の嵐か。

おまけに中国の「人民元切り下げ」がある。(たぶん)
「え?中国って景気良いから切り上げ圧力だったんじゃね?}と思ったら大間違い。
昨年比で、輸入が20%も減少しているのだ。
(なぜかって?各国の企業が逃げ出しているからだよん)
んで、周辺国大打撃。

その後、どうなるのかは、経済に暗いおいらには分かりませんな。
だから、2,3,4月は最悪の状態になるらしい。
選挙なんぞ、やれる状況じゃなくなるの!(きっと)



・・・ま~、年も暮れようとしてんのに、悪いことばっか
あることないこと書きましたが、当たんなくても怒らないでね。
最悪の状態を予想しとけば、準備も出来るだろうし
(何したら良いんだ?:お金を借りられるだけ借りとけ銀行から)
外れたらその方が、いいじゃん?


ま、ひとつやふたつは良いこともありますよ。キットね。
では、ビケ♪さん並びに皆様の御健康と御多幸をお祈りしつつ。
今年はこれにして失礼いたしましょう。

あ、それと「ヤフオクの自動更新」は終了5分を切ってからの入札があった
場合、何度でも繰り返し終了時間が更新されるようですね。
中には「自動更新なし」という出品もあるようです。

 では、皆様 良いお年を・・・。 (o^-’)b
 
    (ビケ♪こと管理人) たけどんさん、今年もたくさんの情報、ありがとうございました。
いかに私たちが、マスコミに左右されやすい(洗脳されやすい?)かを
気づかせてくれました。
本当のことを知ろうとするには、情報の受け手側も
努力しなくちゃならない時代ですね。

私は楽天家なので、まあなんとかなるでしょう、という
前向きな気持ちを忘れないでいることも大事。
最悪を考えておくことは大事ですが、
否定的なことばかり考えていると、
それが癖になってしまう、
そこが怖いところでもありますよ。
たまには奇跡も起こりますから。

では、よいお年をお迎えください!
来年もよろしくお願いいたします。m(__)m
 

復活への長い道のり 4

 投稿者:たけどん  投稿日:2008年11月16日(日)22時50分14秒
返信・引用
  「あなたが落札しました」(゚Д゚ )・・・。(←まだ実感がない)

「おう!」(゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \(←まだドキドキすてる)

おいらに落ちた。ちょっと不可解な感じも残るが、まあいい。
ヤフーからのメールに、業者のホームページにある「入力フォーム」への
リンクが貼ってあるので、そこへ飛ぶ。
入力後、「かんたん決済」にて決済完了。午前1時前くらいだったかな。

ビケ♪さんのいう通り、ショップなどの業者だと、
「取引ナビ」は使わないのが普通のようだ。
たくさんの商品を出品している所も多いので、落札者と
一々やりとりなどしているヒマがないのだろう。当然だな。
その後、「入金確認」「商品発送」などの知らせがメールで入った。
的確な対応。それに送料も900円台で、思いのほか安かったので、助かった。

個人の出品だと、場所にもよるが1,500円以上がザラ、2,000円以上のもの
(PC専用の梱包を選んだためで、不当に高いのではない)もある。
この業者も、ちゃんと「精密機械」として発送してくれたが。

商品無事到着。動作確認をして到着をメールで送信。
出品者への評価も付けて、取引終了、だ。( ^ω^)ほっ。


「それにしても・・・」と、
オークション終了間際の「不可解」を考えてみた。
終了予定時間のはずなのに、入札後の表示がまだ「5分前」になっていたことだ。
くわしくオークションの規定などは読んでいなかった(今も)が、
おそらくこうなのだろう。
「制限時間、何十秒前、を過ぎてから入札があった場合、
 終了予定時間を、さらに5分延長する」。
つまり、終了間際の「ハゲタカ行為」を許さないということで、
その入札行為は認めるが、他の入札者にも再考の時間を与える、ということなのだろう。
そして、おいらが終了20秒前で入札に及んだので、5分延長。
(終了後なのか入札時点からなのかは判然としないが、おそらく前者か)

→3,100円で落札したと思っていたおいら混乱。

その延長5分の終了間際に、他の一人が「3,500円」で入札。(さらに5分延長)

→相手も落札と思っていたのに延長されたので混乱。だが
 おいらは最初の混乱から5分以上の猶予があったので、
 すぐさま最後の「3,600円」で入札。
 相手、残り時間、混乱のまま(か、あきらめた)でタイムアップ。

オークション終了。

考えてみれば、欲掻いた「二匹のハゲタカ」が、事情も知らずに
終了間際に落札しようとバタバダして、あがいていたわけだ。 ┐( ̄ヘ ̄)┌


動作確認後、iMacの下面をはずしてハードディスクとメモリを取り出す。
PowerMacG4に移植する。iMacからのHDをマスターに、G4に載っていた
HDをスレイブに設定しなおして、マウンターに固定。
データケーブル、パワーケーブル結線。
ドキドキしながら、パワースイッチを押す・・・・
「ジャーン」。
懐かしいMacの起動音とともに、おそらく2年ぶりくらいの
「デスクトップ」が現われる。「やった・・・」。
(`・ω・´)おお!
懐かしい背景の色。アイコンの数々。
「よっ、久しぶり」。

このPowerMacG4、多少の汚れやキズもある。が、汚れはおいらが
ふきふきしてやる。少しでもピカピカにしてやんよ。
だが、このフォルムを見ていると、ソフマップなんかでこのG4を
眺めたり、触ってたりしていたが、高くて手が出なかった
あの日々を思い出す。「あの頃はパソコンに熱かったなあ・・・」なんてね。
ま、今ではスペック的にみるとショボイ「昔のマシン」なんだけどさ。
マックの場合は、デザインとかが秀逸で、昔のマシンでも
古びた感じがしないんだよね~。 (o^-’)b

さてと、あと残るはPowerBookG3の方だが、ま、気長にいきましょうかね。
(おわり)


写真は、側面カバーを開いたG4と、下面カバーを外したiMac。
手前に、外したHDと、メモリが二つですな。載せ変えの直前です。
ちょっとボケてますが、記念スナップとして御賞味くださいませえ。
 
    (ビケ♪こと管理人) オークション終了間際の臨場感が伝わってきますね~
私も、同じようなカンチガイをしてたことがあります。
あと1分、とかのところで、ほんの少し高い金額で入札するのです。
それで、成功したこともありますが、あんまりやりすぎると、
嫌われるかもー・・・と思いました。
 

復活への長い道のり 3

 投稿者:たけどん  投稿日:2008年11月11日(火)22時20分24秒
返信・引用
  ・・(゚Д゚ )・・・・(゚Д゚)・・・( ゚Д゚)はっ!


「五分以内に入札しないと、違反!」。

その厳然たる事実の前に、またもや敗北した、たけどんだが。
「オークション終了」ショックからようやく再起動がかかった。
だが、先ほどの強制終了で、なんらかのデータが壊れたらしい。

今回の出物を逃したことで、ターゲットと同程度のiMacはなくなり、
新たな出品を待たねばならないはずなのに、おいらの頭は
「もー、スペック落ちても、ジャンクでもかまわん!
 何か落札せにゃ気がスマン!」状態になってしまったのだ。

ありません? 買う気まんまんで店に行ったのに、
あるはずの目当ての商品が消えてて、残念ってか、やり場の無い気持ち。
「何であの時買っておかんかったんかああ?」
でも「もうこのまま手ぶらじゃ帰れん!」という気分。
そんでもって、似たようなまったく違う商品とか買っちまって、
無駄ガネ使っちまうような気分。それですよ。それ!

「いいい、いかん!」
おいらは思わず、ステアリング左に切って、心のサイドブレーキを引いたね。
後輪をロックさせたまま、左にテールを流してスピンターンをした。
だが車の勢いを殺せずそのまま正面の液晶モニターに、車の後部から激突した・・・。
(一部、自動車的表現が混じりました)
だが、止まったよ。で、その日はそのまま、すごすご寝た。


あくる日の夜、漫然と「iMac」のページを見ていた。
目ぼしい出物は、ない。
状態のいいものは高い。ジャンク品は安いが動作確認もできていない。
「しばらくダメだね~」と思い。何の気なしに別のマックのページも覗いてみた。

「PowerMac G4」。
おいらのiMacは「G3(CPUの型)」搭載の一体型マシンだが、PowerMacG4は
モニターもスピーカーもない、デスクトップマシンだ。
ちなみに、iMacでもG4、さらにG5(CPU)を搭載したマシンもある(が、高い)。

ざっとトップページから見てみると、1万円超えは当たり前のようだ。だめか。
「終了時間が短い順」にソートしなおしてみる。すると・・・。


「PowerMacG4、733MHz 現在価格3,000円」、
「PowerMacG4、533MHz 現在価格1,000円」、双方とも終了時間まで、あと20分。

えっ・・どうする、どうするよ?
キーボードもマウスもiMacのヤツが使える。モニターもCRT(ブラウン管)の
やつが一台ある。イケる!それに一体型のiMacだと結局、
使えないゴミが増えるだけだし、デスクトップなら・・・大名案だっ!
なあぜ気付かなかったのか。
どうせ高いだろうと諦めてて覗かなかったんだが、これはチャンス。

急いで出物の詳細を見てみる。
「本体のみ、メモリとHD搭載、ROM等付属品なし、OS9とOSX(テン)で起動確認。
 電源コードもなし、若干の汚れあり」。
問題ない。起動する本体であれば問題は ない。
出品者はショップ。評価を見て信用する。

733MHzは、多分4,000円を超える。狙いは533MHzだっ!
現在から見ればショボいマシンだが、十分だ。おいらのiMacは400MHzだったのだ。
10分を切った。2,000円に上がった。入札者数は「16」。

「よし、20秒前に、3,100円で 勝負だっ!」
今回は、入札は5分を切ってからウィンドウを開き、20秒前に
入札することにする。ハゲタカ作戦だ。

5分前。2,000円のまま。3分前、1分前、入札用意。
30秒前、確認ウィンドウ開く。
20秒前、入札。「あなたが最高額です」

・・・・終了。ウィンドウ更新する。

 えっ? Σ(゚Д゚ )

「おめでとうございます」じゃないぞ。まだ終わってない「あと5分」ある?
???(゚Д゚)

そうしているうちに「高値更新 3,500円」ああ、もう終わるよ。
終わった・・・。
え、いや終わって ない。まだ「あと5分」の表示になってる。どうする?
ええぃ、最後のアガキだ。「3,600円」だ、ごるぁ~!これで最後だどうだ?
またまた残り時間の表示は「あと5分」からカウントダウンしている。

「もう、なるようになれー」ヽ(`Д´)ノ

・・・10秒・・・5秒・・・終了。


・・・「おめでとうございます。あなたが落札しました」・・・


(゚д゚)ポカーン 「落ちちゃった」。 (・・・つづく)
 

復活への長い道のり 2

 投稿者:たけどん  投稿日:2008年11月 7日(金)23時17分43秒
返信・引用
  そう! 醍醐味は終了間際のドキドキ感なの。これが・・・

いやじゃー。安心して終わりたいのじゃー。
欲しいものは、たやすくおいらの手に入るべきなのだー。
こんな緊張するならもうオークションなんぞするもんか~。ヽ(`Д´)ノがぁ~~

と言うわけで、翌日リベンジしたわけ。(゚Д゚)ハァ?
泣き寝入りは、もっとイヤだから。
昨日、落とし損ねたのと同様の商品が今日、完了日だから仕方ないの。
iMac本体のみ、開始価格1,000円。



終了時間は23時ごろ。夕方19時ごろ覗いてみると
まだ、開始価格のまま、入札者ゼロ。
「だまされるもんか。これをおいら同様、目を付けているヤツが
 いるはずだ。絶対に!」
と、そこで戦略を考える。(初心者のくせに)(´・ω・`)


おいらは一般会員なので、3,999円までしか落札できない。
たぶん、この商品の落札価格は、2,000円前後。(少ない経験から)
今の段階で自分が最初の入札をするのは避けたい。
ちびちび、競り合って価格を上げるのもバカらしい。
他の入札者の金額を見て、終了間際で電撃入札・・・。
ここは一発で決めてやる。2,100円で勝負だ。
今日はもらった。

ここで、2,100円の、100円というのがミソ。
ビケ♪さんも、1,501円で入札していたが、ワカッてらっしゃる。
1,000円、次は1,100円などと小刻みに釣り上げていっても、
しょうがないのだ。勝負を掛けるには一気に大台に乗せる。しかし
1,000円の次だから2,000円と、ジャストではいかん。
終了間際に入れるのだから、相手も勝負にでてくるかもしれん。
そのとき平凡なあいてならば、自分が思い切って入れた大台2,000円でも
相手がさらに上にいるとなると、「ダメだ」とあきらめるっぽいのだ。
そのために、プラス100円とか10円が、効いてくるのだ。
ジツは、相手は手を伸ばせた届く、すぐ上にいるのだ。
(ある種、危険な考え方でもあるが、終了間際限定だ)


終了一時間前、入札者ゼロ。
いいや、いる。必ずいる。この商品に目を付けているヤツが。
最低二、三人はいる。
誰が最初に我慢しきれなくなって、手を出すか・・・?
いま、おいらと奴ら(だれだよ?)との間には、見えない無数の
コブシが行き交っている。無言のジャブの打ち合いだっ。
終了30分前。
「入札者1名、価格1,000円」。キター!! やっぱりいた。
我慢しきれずに、手を出したか。
だが、まだだ。おいらが手を出すのはまだ早い。(`・ω・´)


15分前、1名のまま。
10分前、そのまま変わらず。
そろそろ入札ウィンドウを開くか。金額「2,100円」とパスワードを入れ
確認ページに。そのまま待機。詳細な残り時間ウィンドウを見つめる。
05分前、未だ1名のまま。金額「1,000円」変わらず。だがまだだ。まだ早い。
01分前、そろそろか、30秒前で入札するかドキドキする血圧上がるわ。
30秒前、ううっ、もすこし待て20秒まで待て、引き付けるんだ(?)
20秒前、今だっ!入札ボタンを押す。

・・・ (;゚д゚)・・・

ウィンドウが変わった。「あなたが最高入札者です」
・・・かと思ったら。
「違反がありましたので、入札できませんでした」 (゚Д゚)ハァ?

金額とパスワードを入れ、確認ページに入ってから五分以内に
入札をしないと、時間切れになって入札できないんだと! Σ(゚Д゚)
「え~~~~っ。もう10秒もねえじゃん!」
商品ページからもう一度、入札手続をせにゃならん。

急いで戻るボタンで商品ページに戻ろうとしたら、
「この入力したフォームを再送信することになるが、是か非か」と聞く
ウィンドウが開きやがった。
おもわず「いいえ」を押したら、商品ページにもどらネエ。
ああああ、もう時間がねー。やっと戻ったと思ったら、

・・・「このオークションは終了しました」・・・・


   ・・・(゚Д゚)・・・・・・・


「落札価格 1,980円」。


・・・(゚Д゚)・・・・・・・(つづく)・・・(゚Д゚)・・・・
 

復活への長い道のり

 投稿者:たけどん  投稿日:2008年11月 4日(火)19時24分48秒
返信・引用
  あ、ども。ごぶさたです。

ヤフオクで、Mac PowerBookのACアダプターを入手しました。
ヤフオクはじめた目的がMacの復活でしたからね。やった!

さっそく、包装を解いてPowerBookにつないでスイッチ・オン、だ。


 あ・・・・・(゚Д゚)・・・・・れ。 う、うごかねえ。


ウンともスンとも言わねえ。(ショック!)
差し込みプラグの所を、ぐりぐり動かしてみると、「ウィーン」と
起動音がして動き始めた。だが、手を離すと「ヒューン」と止まってしまう。
ACが断線してただけじゃくて、内部パワーユニット自体が壊れてる。やばい。
確かに、「パワーユニット」の出物もあるにはある。
だが、PowerBookはちょっと特殊な工具がないと分解できない・・・困った。
どん詰まりだ。


仕方が無い。これはとりあえず置いておいてiMacの方をなんとかしよう。
電源スイッチは点灯するのだが、画面がつかない、ということは、
CRT(ブラウン管)に電圧を送るFBT(フライバックトランス)という
部品が故障している(らしい)。
iMacは、このFBTか電源用ICの故障が非常に多い。
しかも修理をサポートに依頼すると、最低6万円以上、10万前後はザラだ。
しかも何も修理しなくても、見てもらうだけで、5,000円以上は取られる。
そんなんなら、もっと程度の良い中古品が買える。
こんなバカげた話はない。


で、ヤフオクを見てみると、おいらのiMacと同じような機種の
出物も結構ある。キーボード、マウスがそろっていると3,000円から。
本体だけ、あるいはCDドライブが不具合とかの、ジャンク品だと1円からある。
FBTも、2,500円で出ている。

どうする・・・?
いちばん簡単なのは、電源の入る程度のいい本体だけ(ジャンク扱いで安い)
を入手して、おいらの使っていたハードディスクを載せ変えることだ。
FBTだけを買うより安く上がる(多分)し、バラす手間も少ない。
FBTの交換には、CRTまでフレームからはずすなど、手間がかかり、
しかもかなり高圧が掛かっているプラグの扱いなどもあり、危険性もある。
ま、やってできないことはないと思うが・・・。


落札状況を見ていると、キーボード、マウス、その他が付属する
「状態の良い完動品」は、1,000円で始まっても4,000円ぐらいいくことがザラだ。
「本体のみ」の場合は、
少しパソコンをいじれる人だけになるためか入札者も少ない。
少々状態が悪くても、電源が入るなら落札される。
価格も1円開始とか安い。状態によって1,000円から開始されるが、
落札価格は2,000円前後。

これかな、「本体のみ」の状態のいいやつ。
なかには、「通電のみ確認しました」というショップ出品のものがあった(1円スタート)が、
その写真を拡大してみると「爆弾マーク」が出てやがる。
「爆弾マーク」というのはMacの「エラー表示」なのだ。
で、起動した画面でいきなり「爆弾」というのは、どういう状態なんだ?

ま、ハードディスクは載せ変えるし、最低、完動するFBTが取れればいい、
というならそれでも可、なんだが・・・。他の機能も心配だ。
できれば、ハードディスクの載せ変えだけで、済ませたい。


比較的状態の良い「本体のみ」が入札者2人、現在価格210円で、入札完了まで
あと3時間。(大抵夜の10時~11時に完了が多い)
あまりパソコンをバラせるような素人さんは来ないはず。で、
来る奴は、ギリギリで落とすつもりだろう。おいらもジッと待つ。

2時間前・・誰も他に来ない。1時間前・・・来ない。まだまだ。
30分前、勝負に出る。
700円で入札・・・「できない」。
前に入札した人間が自動入札で710円で入り、それ以上での再入札を
促すメッセージが出る。
前の人間の入れた最高価格、それ以上の価格を入れなければ入札は成立しない。

「900円」。入札完了。「あなたが最高額です。価格810円」と表示。やた!
たぶん彼は800円で入れたのだろう。
ページには前の入札者の最高額+10円で表示されるので
入札してみないと自分の前の人間が、最高額イクラで入れたのかは分からないのだ。
その最高額未満の額を後から入札しても、「+10円」で、落札価格は上がるが
入れた最高額までは、落札の権利は確保される、という仕組みなのだ。

完了20分前・・・誰も来ない。10分前・・・来ない。あきらめたか。
5分前・・・誰も来ない。決まりだな。だが油断はできない。
「詳細な残り時間」ウィンドウを開いておく。
「ま、大丈夫だろう」メモリの時は30分前に入れられたこともあったが、
もう1分前、商品ウィンドウを更新しても
「あなたが最高額です」。


終わった・・・。ウィンドウを更新してみる。
あれ?
「このオークションは終了しました」。あれれれ?


落札したら、「おめでとうございます。あなたが落札しました」だろ?

 ・・・・(゚Д゚)・・・・?

メールチェック。ぴんぽーん。新しいメッセージ。
「最高額が更新されました」。


 ・・・・(゚Д゚)・・・・はっ!


「最高額が更新されました。910円」


 ・・・・(゚Д゚)・・・・やられた。


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \  もー笑うしか ない。


もー、つづく しか ない。
 
    (ビケ♪こと管理人) いや~・・・オークションって、最後の瞬間のどんでん返し!
このドキドキ感が、病み付きになりそうなのは私だけ?
終了時刻ぎりぎりに、ネットにつなげる状態のときは、
ドキドキしながら待ってます。

いつか、どうしても欲しかった天然石(500~700円くらいで
落札されているもの)を、念のため1501円と入れておいたら、
落札できたことは出来たのですが、
終了直前にだれかが「1500円」まで入札してしまったらしく、
予想より高い買い物になってしまったのでした・・・
 

ヤフオクしてみよう 4

 投稿者:たけどん  投稿日:2008年10月13日(月)20時22分53秒
返信・引用
  遅くなりましたが、ビケ♪さんお疲れ様でした。
「稽古照今、稽古照心」ですか。
含蓄のある言葉ですな。
古(いにしえ)を考え、今(心)を照らす・・・か。

昨日、ニコラウス・アーノンクールの「古樂とは何か」を読み終わりました。
何年も前に買った本なんですがね。
他にも図書館から借りてきた「インスリン物語」。
人類の糖尿病との闘いの歴史とバンディングとベストによるインスリン発見、
そしてその後の治療の進展。未解決の問題点など。
(主にバッハ時代の糖尿病知識が知りたかった)とか、
「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ第二巻(声楽曲編)」だの
読みかけの本がありますが、連休中では読み終わらん。その上、昨日
「知識だけあるバカになるな!」(仲正昌樹 著)という、
大学に入ったばかりの学生たちに、学問に対する姿勢を教える本(今さら)を
買ってしまったってぇから、恐れ入るとはこのことですな。
ここで、「ctrl+S」っと。

(上書き保存のショートカット・キーですな)

・・・という話はおいておいて、ヤフオクの話を終わらせないと。


ま、落札したあとは、ヤフオクからのメールの指示に従って、
「取引ナビ」に入り、「落札しました」というタイトルの元に
出品者に対するメッセージを書くわけだが。
欄外に対象となるオークションの番号から落札商品の名称まで
書かれているので、改めて落札商品の情報を書く必要はない。
(じつは 「初めまし~」の後に長々と、「番号○○の××メモリを落札しました」と
 ご丁寧に書き込んだのは、おいらだ)

相手方が先にメッセージを送ってくることが多いが、それを待たずに
書くのが礼儀にかなっていると思いますね。
この時も、相手方のメッセージも丁寧なものだったので、ほっとしました。

こちらの送り先などを書きこんだあと、PC上から「イーバンク銀行」で
決済し、また相手方に「入金しました」というメッセージを送る。
すると「入金確認しました。何時発送します」と返答が来る。
ま、落札した翌日の夜には品物が発送されている、という流れになりますか。
(この辺、頻繁なメールチェックが必要です。相手をほったらかしにしないように)

イーバンクで決済する料金は、
振り込み料(約\150円)+送料(160円:メール便)+落札した金額でした。
メール便だと安く済みますが、輸送中の事故についての補償が受けられませんので、
商品によって、選択すべきでしょう。ま、メモリくらいならちょっとやそっとで
故障とかはしませんからね。

3日後には商品到着。「やたっ!」
さっそく中身を確認し、「取引ナビ」で商品到着をお礼とともに出品者へ報告。
友人にも連絡する。メモリが使えるか使えないかはおいらの関知するところではない。
それは友人も承知の上だからだが。無事PCに認識されたようで、おめでたい。

その夜、「取引ナビ」から(だったと思うのだが)、「出品者の評価」のページへ。
もちろん「とてもよい評価」を付けるのだ。
他の人が付けた出品者への評価を、ざっと読むと、まあどなたも
同じような紋きりの決まりきった台詞「・・・またよろしくお願いします」だ。
なので、ちいっと変わった文章で礼儀を尽くして礼を述べておいた。

翌日、ヤフオクからメール。「取引相手からあなたに対する評価がつきました」
もっちろん「よい評価」だ。「迅速な取引。応対。信頼できる落札者様です・・・」
ときたもんだい。「様」ときたよ。
うーん。思ったより簡単じゃん。
その後、もう一度同じ出品者から同じメモリを落札。
友人の希望通り、計512MBのメモリを入手。そしておいらも
2.4GHzのCPUを落札しましたよ。(さすがにCPUは動くかどうか賭けだったが、動きましたよ)

確かに、ヤフオクのトラブルとか聞かないではないし、
おいらも完全に、手放しで安心してお勧めすることは躊躇しないではない。
ま、PCパーツに限っては結構、業者やショップなどが参加しているので
めったに無い掘り出しモノやら、希少商品なんかよりは、
信頼性は高いかもしれませんね。
かえって、出品者よりも、落札者による問題の方が多いかも。

ま、おいらなんぞは、千円単位の小物を取引してよろこんでる
くらいがお似合いなのかもしれませんな。
それなりにドキドキして楽しいけど。

では、以上これにて~。(なんやらヤッつけっぽい終わり方)(=゚ω゚)ノシ
 
    (ビケ♪こと管理人) 私が落札した時は、こちらから「入金しました」などの
連絡はしていないです。
私の郵貯銀行の口座から、取引先の口座へ、
(手数料がかからないとの理由から)入金すると、
ほとんどその日のうちに、「発送の準備が整った」との
メールを頂きます。
「取引ナビ」も使ったことはないと思います。
出品者が、個人ではなく、プロの業者だからかもしれません。

eBayで、似たようなシステムで、相手側とやりとりしたことはあります。
手数料が掛っても、間に入ってくれるシステムがあると
安心ですよね。
 

ヤフオクしてみよう 3

 投稿者:たけどん  投稿日:2008年10月 5日(日)21時53分40秒
返信・引用
  あ(´・ω・`)

ビケ♪さんのほうが、ヤフオクのセンパイだったんだ。そうすか。


「ブントフライ」がフレットフリーですか。
フレット式というのはつまり、ギターやヴィオル族のフレットと同じで
一本の弦でも、押さえる場所によって複数の高さの音
を出せる方式ということですよね。
逆にいえば、ピアノやハープシコードはギターでいう「開放弦」だけを
打ったり弾いたりして発音しているわけですな。
だから音の数だけ弦が必要になると。
(ピアノはひとつの高さのキーに、二本から三本の弦を張るって?
 でも同調律でしょ。原理的に一本と同じよ)


ブントフライ・・・「何のフライだろう?」って。
ビケ♪さんが分からんもん、おいらが分かるはずもないが。
ドイツ語なんぞ、大学んときやったきりだし。
た、多分、Bundfreiかな?
bundは「バンド」、freiは「Freiheit(自由)な」では?
ま、英語で言えば「Bandfree」ということになるのだろうが、
英語にそういう単語はないかもしれないな。

つまり、問題は、何から自由なのかということだが、
bundはバンド(ズボンの)の他に、「盟約、同盟、連邦、契約」、
あるいは、「束、かせ」などの意味もあるので、
ブントフライは、そういうもの(フレット)からフリーだ、ということなのではない か?
と、ここまでたどり着いたところで、思った。
「ビケ♪さんともあろう方が、そんなこと知らんハズがねー!」
ということは、だな・・・

これは、「ブントフライって、なにか得たいの知れないモンを
あぶらで揚げたモンなのよ~♪」という、ジョークだったに違いない。
これはビケ♪さんの挑戦状だったのだわさ。 ┐( ̄ヘ ̄)┌
(違ってたら、訂正おながいしマス)



というわけなのだが、そうか~ビケ♪さん、ヤフオクやってたか~。
では、おいらの経験した「ドキドキ感」だの「ワクワク感」だの
「疑心暗鬼」だの「弱肉強食」だのも、経験なさったのですかねー?

で、まあ支払い関係の煩雑さは、「ネット決済」が可能にすることで
ある程度クリアできるハズなので、後は目標を「落とす」ことに集中できる、
ということになるわけだ。

出物はたくさんある。入札開始価格が1円から始まっていても、落札される価格は
同スペック同規格の商品なら、大体同じくらいになるようだ。
出品者の評価などを見て、1000以上の評価が付いている出品者(おそらく
個人業者としてオークションに出品しているのだろう)の品に入札してみる。
1100を超える好評価と何十かの低評価がついているが、
個人としてこれだけ取引していればいろいろなことがあるし、
落札者にもロクでもない人間もいるだろう。
その上で1000以上「好評価」がついているということは、それなりに信頼できる
のではないか、と判断する。

「現在の最高入札額」500円とある。次の入札は+10円、つまり510円から
になる。試しに「510円」と打ち込んでみると、
「あんたより高い人がいます」と言われ、入札できない。
ええい550円だ。だめ~。
一気に600円だ~。すると「あなたが最高入札者です」ときた。
後で知ったのだが、「自動入札」とかの機能があって、
自分の設定した限度額までなら、他の入札者が現れても、自分の設定金額以下ならば
彼の入札金額より「+10円」で自動的に入札する仕組みがあるらしい。
(くわしくはないので調べてね)


とりあえず、オークション終了3時間前で「最高入札者」となった時点で、その後
放っておいたら、落とせなかった。(当然だが)

目当ての256MBのメモリは、大体1,000円前後での落札が通常での落札価格帯となっている。
ま、最初はおためしってことで。
だいたい、落札者はオークション終了「直前」で、かっさらっていくらしい
ということを聞いていた。
メモリに関しては、出物は多いのでそれほど血眼になっている人はいないとは思うが。
とりあえず友人が遊びにきたときにオークションページを見せて、
「こいつでどうか?」「予算は2,000円までOKだな」と確認してその場で
入札し最高価格者となった。終了まであと2時間。
友人が帰り、その後一回くらい再入札、金額は980円だったかな?
その後、ページを開いたまま夕食を取ったりして放っておいた・・・

・・・ら、
「オークションは終了しました、あなたが落札者です。おめでとうございます」的
なことが、モニターに表示されていることに気がついた。 Σ( ゚Д゚)
「げっ。どうしよう。おいらこれからどうしたらいいんだぢょ?」

とりあえず、友人に電話し落札した旨を伝える。
「お、落ちたおいらに落ちた。どどどど、どうしたいいんだこれからよ~?」
「そりゃよかった。よろしく頼むわ」
ったく、血も涙もねーとはこのことだ。どうすんだ相手とメールのやり取りすんのか。
そこでモメたらどーすんだ?
落札したら、まずヤフオクからメールが来るっていってたな。
その前に逃げるか? 今からならかなり遠くに行けるハズだ。 ←バカだし(。-`ω-)


と、落札後の手順の煩雑さに、杞憂に満ち満ちた思いでじたばたしていた
おいらのもとに、ヤフオクからさっそくメールがやってきたよ。

「メモリ落札しましたね。さっそくここから相手にメッセージを書きやがれ」的な
内容が書いてあった。メールの中にリンクが貼ってあった。
そこが実は、世に名高い「取引ナビ」という場所なわけだ。
その「ナビ」には、出品者と落札者がやりとりできる「掲示板」形式の場所で、
一方が書き込むと、相手方にメールで「ナビに書き込まれたから見てちょ」と
メッセージが送られ、その場でお互いがやり取りできるようになっている段取りなのだ。

直接お互いがメールでやり取りなど、しなくていいのだ。
ヤフオクえらい!
しかもメッセージタイトルも「落札しました」、「入金しました」、
「商品発想しました」など、雛型まで用意してある。
気が利くってのは、このことさね。
ちょっと、「ホッ」としましたわな、正直な話・・・( ^ω^)

(つづく)
 

ヤフオクしてみよう 2

 投稿者:  投稿日:2008年 9月28日(日)19時48分51秒
返信・引用
  ほぉ、ビケ♪さんちにクラヴィコードが来襲したとな?
あ、ジュラルミン製じゃないんだ。(←前回のブログをいいかげんに読んだ)
もくせーだ、木製。

そのクラヴィコードの「こおろぎくん」でしたっけ?(←かってな決め付け)
「ゲブンデンタイプ」・・・
何がge'bunden(固定された、切れ目が無い)なのか?
あるいは、決まっていたり束縛されたり拘束されているのか?(←ばか丸出し)

クラヴィコードの特徴として、
「フレット式」「ダイアトニック・フレットフリー式」「フレットフリー式」と
あるらしいですが、「こおろぎくん」は(決めつけんな)
フレットフリー(弦の共有が無い)ではないのは確かだが、
「隣り合った鍵は・・・」とあるので、
「ダイアトニック・・・(ナチュラルキーは共有しない)」でもない。
つまり「フレット式」なのだが、
楽器もコンパクト、弦の数もあまり多そうではないので、
ケッコウ古めのフレッティング(共有するキーが多め)かも~。
などと想像したがいかがか?

なんで、たけどんごときがこのような
生半可で、中途半端な知識をもっているかというと。
今年の「○潟古樂フェスティバル」のレクチャーコンサートのテーマが、
「クラヴィコード徹底解剖」だったからだがどうだ!

(すぐビケ♪さんに叩きのめされるがいい)


ってなわけで、イーバンク銀行に口座を持てば
「決済の方法や手間」を気にする必要が(ほとんど)なくなるワケだ。
出品者がネット決済に対応していなければ、その限りではないが、
まあ、ほとんどないだろう。
で、「初心者のためのヤフオク口座」からイーバンク銀行にリンクが張られて
いるので、そっから新規口座開設をする。

ここで注意だが、
口座開設は、専用の別ウィンドウが開くことになっている。
ところが、IEに「Googleツールバー」や「Yahooツールバー」を
入れていたりすると、「ポップアップブロッカー」が働いて
(「ぼこっ」という音がするだけで)ウインドウが開かないのだ。
これは、ポップアップ広告を遮断するためのものなのだが、
それによってウィンドウが開かない、先に進めないというトラブルが起きる。
これは、ツールバーのブロッカーアイコンをクリックすれば切ることができるのだが、
意外と、それに気付かず、あきらめる人も多い(かもしれない)。

口座開設をするとぶっちゃけ、カードが来て、そのカードで
郵便局やセブンイレブンから入金したり送金したり、下ろしたりも
できるようになるわけだ。

必要事項を欄に記入して手続きを済ますのだが、ここで
発行される「カードの種類」を選択しなければならない。
クレジット機能付きだの、デビッドカード機能付きだのを選ぶわけだ。
おいらはポシェットごと盗まれた経験者なので、クレジットカード機能はいらね。
初心者講座でも、「デビッド機能(だけ)付き」がお薦めとあるので、それにする。


必要事項を書き込み、カードの種類を決めると、口座開設完了。
と思ったら、
「本人確認用の書類」を送るので、それに本人を証明できるようなもの
の「写し」を添付して送り返せ、ときた。
開設手続きが終わってから、本人確認用の書類返信用封筒が来たのは
一週間ちかくかかったかな? けっこう待った気がする。
とりあえず、免許証のコピーを添付して返送。
カードの到着を待つ・・・・。

これも、ケッコウ待った気がする。
カード到着(一週間くらいだったかな)して、セブンイレブンにて
いくらか入金。これで、準備OK 。

それでは、いよいよヤフオクの開始となるわけだ。
さっそく目的の「メモリ」を探しにヤフーオークションページに
突入することに する。

あ、オークションに参加するにはIDを取得しなければいけません。
もちろん「一般会員」としてのID取得は無料でできます。
ただ、4,000円を超えるものを落札するときは「プレミアム会員(有料)」の
資格が必要です。
でも、出品や入札の様子をサイトで見るのは、誰でもいつでも可能です。



さて、オークションどしろうとのたけどんに「落札」など、できるのだろうか・・・?

(つづく)
 
    (ビケ♪こと管理人) 明日本番なので取り急ぎデス!
ゲブンデンは、フレット式のドイツ語。
で、フレットフリーのことは、ブントフライといいます。
(何のフライだろう・・・?)

ヤフオク経験ありです。何って?天然石ビーズばっかりですが!

ではまたー!
 

レンタル掲示板
/12