teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


千ヶ峰

 投稿者:H田  投稿日:2017年11月23日(木)17時46分58秒
返信・引用
  千ヶ峰から6名無事に下山しています。  
 

長者ヶ岳からの富士山の対比

 投稿者:K村  投稿日:2017年11月20日(月)22時22分0秒
返信・引用 編集済
  長者ヶ岳の過去の登山記録を調べてみると、昨年の2016年5月20日に登っていました。
この時は、春という季節もあって全般に霞んでおり、富士山のシルエットが見えた程度でした。
今回はクリアな素晴らしい富士山を見ることができました。
10年ほど前に富士山山麓のペンションに泊まった際、オーナーが「冬はよく晴れて富士山が奇麗に見える」と言っていたのを思い出しました。

昨年の長者ヶ岳からの富士山と今回の長者ヶ岳からの富士山の写真をUPしてみました。
 

長者ヶ岳の軌跡

 投稿者:K村  投稿日:2017年11月20日(月)17時34分33秒
返信・引用
  昨日登った、長者ヶ岳、天子ヶ岳のGPSの軌跡です。
反時計回りに歩きました。
 

こっちも下山報告。

 投稿者:  投稿日:2017年11月19日(日)21時21分43秒
返信・引用
   19日日帰り班(学能堂山)も、4名全員無事、20時に京都に帰って来ています。

 今日は寒かったですねー!学能堂山の頂上は丸坊主で、寒風吹きっ晒し。しかし、絶景でした。
 

下山報告

 投稿者:k村  投稿日:2017年11月19日(日)15時08分26秒
返信・引用
  13:25 長者ヶ岳、天子ヶ岳から無事下山しました。  

19日②。

 投稿者:  投稿日:2017年11月16日(木)21時41分17秒
返信・引用
   19日日曜日に、日帰りの山行を呼び掛けていました。
 計画が固まりましたので、改めて告知します。

〇 山行日 : 11月19日(日)
〇 山 域 : 高見山地;学能堂山(がくのどうやま 1022m)
〇 目 的 : 未踏の山渉猟。ススキの山で寒気順応。
〇 メンバー: 雅、他3名
〇 交通手段: 車両;雅号
〇 装 備 : 日帰り基本装備、寒さ対策
〇 コース : 車道歩きを含めて、5,6時間位のコースタイムです。
〇 出 発 : 出来るだけ早く京都を発ちたいと思います。(6時台に)

 まだ、車には余裕があります。参加できる方は、連絡ください。

 この日は、我らの本隊(例会隊)が、富士山を拝める山に登っています。自分勝手ですが、何とか、太平洋側だけでもスッキリ晴れて欲しいものです。 
 

大文字山 五滝巡り

 投稿者:K村  投稿日:2017年11月11日(土)19時50分29秒
返信・引用
  4人無事下山しました。
会員ページに写真をUPしてます。
 

鈴鹿山系:イブネ

 投稿者:  投稿日:2017年11月 9日(木)22時10分10秒
返信・引用
   < 山行報告 >

〇 山行日 :2017年11月5日(日)
〇 山 域 :鈴鹿山系:イブネ
〇 メンバー:LHi田、雅、I本、N山
〇 交通手段:車両
〇 天 気 :快晴、陽当り良好ながら日陰は冷たし
〇 登山届 :朝明渓谷、見返り橋駐車場届出ポスト
〇 経 費 :2600円
〇 行動:6:30八条口集合発=8:05朝明渓谷見返り橋駐車場、8:25出発…9:35根ノ平峠…10:00上水晶谷…10:20コクイ谷…11:35杉峠…12:20イブネ<20分>…東南尾根…13:25小峠…13:50上水晶谷…14:55大瀞…15:35中峠…16:45駐車場着=19:10竹田駅解散

 Hi田リーダーこだわりの鈴鹿:イブネ行である。
 イブネは雨乞岳の裏側、鈴鹿の奥まった場所に位置するが、最近何故か人気が高い。そこに今まで通ったことのないルートで入る、というのがリーダーの目的。

 朝明渓谷の駐車場は登山口の集中点で溢れんばかりの車。昨今の台風に押さえつけられた山への欲望が噴出したのであろう。
 我々は、一つ峠を越えてからまず谷筋を行く。当然、渡渉を強いられる。見回すと、少し過ぎたが紅葉黄葉はまだ盛んだ。長丁場をこなす為、リーダーの歩みのテンポは速い。ついて行くのがやっとである。谷を詰め、遺跡のような鉱山跡に目を見張り、杉峠に達する。
 穏やかな尾根を進み、のぺっとした盛り上がりが イブネ。灌木だけが疎らに立ち、広々とした空間。そこのあちこちに何組かのパーティが弁当を広げていた。聞きしに勝る人気振りだ。ここのどこがそんなにいいの? ここでテン泊する人も増えているらしい。確かに、晴れていれば満天の星を浴びることが出来るであろう。

 我々の興味は、イブネから裏道で下る事。急でしかも荒れていたが、近道でもあり値打ちがあった。さらに歩いていない谷ルートを、エアリアマップコースタイム15分、というのを信じ突っ込んだ。ところが、これに1時間を費やした。これは大きな問題である。

 8時間半、ズンズン歩いた。渡渉も数えて8回。鈴鹿の懐深くをたっぷり楽しんだ。 (雅 代筆)
 

19日。

 投稿者:  投稿日:2017年11月 9日(木)21時00分44秒
返信・引用
   11月の例会は、泊まり掛けで富士山鑑賞という豪華な計画ですね。
 全国の山を知り尽くした担当者が選んだ山です。魅力的ですねぇー。

 ただ、泊りでは出られないから涙を飲んだという方もおられるでしょう。私もその一人。

 そこで、19日(日)、もし日帰りでなら動けるという方がおられれば、集まりませんか。
 目的地は未定ですが、希望者があれば山を見繕います。
 雅まで、連絡下さい。
 
 

大谷山

 投稿者:H田正子  投稿日:2017年11月 8日(水)08時55分22秒
返信・引用
  ■山行日 11月6日(月)
■メンバーN原、H田
■コース マキノピックランド 9時30分
     大谷山登山口    10時
     大谷山山頂(813.9)     12時48分
     昼食、出発     13時50分
     寒風(853.8)     14時15分
     マキノピックランド 16時40分
本当に気持ちの良い天気に恵まれ、竹生島も近くに見えました。清々しい山でした。
コースはきつすぎず、緩すぎず、秋の景色を満喫しながら楽しい小春日和山行になりました。
素敵な山に誘って下さったN原さんに感謝です。
 

レンタル掲示板
/188